肩甲骨の肩こりの対処法とは?

2022年02月10日

関内院 福本理人

NAORU整体 横浜関内院

【院長】福本理人
【資格】柔道整復師(国家資格)
    小顔ソムリエ
    頭蓋ソムリエ

肩が疲れたので回したら、ゴリゴリと音が鳴る…。そんな経験はありませんか?
それは、肩甲骨周辺が硬くなっているのかもしれません。

肩こりについて調べると、必ずと言っていいほど出てくる肩甲骨。ですが、聞いたことはあっても詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今日のコラムでは、肩甲骨の基礎知識から簡単なストレッチ法まで「肩甲骨のいろは」をお伝えします!
肩甲骨を意識した生活をすれば、つらい肩こりにおさらばできるかも!?

肩甲骨とは?

肩は3つの骨で構成されています。
上腕骨、鎖骨、そして肩甲骨です。
上腕骨は腕の骨ですね。鎖骨はほぼ水平に横たわっており、腕や胸、背骨を繋ぎ合わせる役割を果たしています。では、肩甲骨はどこにあるのでしょうか?

答えは背中の上部です。
平たい逆三角形の形状で左右対称になっており、羽の形に似ています。

肩甲骨の役割は、腕を自在に動かすサポートをすること。
鎖骨1本で胴体と連結し、あとは筋肉に支えられているため、その分自由に動きます。

腕を上げたり下げたり、ぐるぐる回したりといった動きができるのは肩甲骨のおかげなのです。

肩甲骨と肩こりの関係

では、肩甲骨と肩こりはどのように関係しているのでしょうか?

先ほどお伝えした通り、肩甲骨は主に筋肉によって支えられています。
長時間のデスクワークやスマホ操作などで同じ姿勢が続くと、肩甲骨が動かず、周辺の筋肉もこりかたまることに。
筋肉にこりが生まれると肩甲骨の動きが悪くなり、さらにこりが加速する…といった悪循環につながります。

その結果、慢性的な肩こりになってしまうのです。

肩甲骨を動かすストレッチでこれらの筋肉をほぐすと、肩こりの解消が期待できます。

肩甲骨周辺のストレッチで肩こり解消へ

というわけで、つらい肩こりにお悩みの方は、ぜひ普段の生活に肩甲骨周辺のストレッチを取り入れてみてください!
残念ながら、普通に暮らしていて肩甲骨を動かす機会はあまりありません。意識して動かすことが大切なのです。
肩甲骨周辺のこりがほぐれると、肩こりの他、猫背や冷えの解消、バストアップにもつながりますよ。

それでは自宅で簡単にできるストレッチを2つご紹介します。

肩甲骨を引き寄せるストレッチ

①肘を肩と水平になる位置まで上げて、軽く後ろに引く    

②腕を前から後ろへゆっくりまわす

こうすることで、肩甲骨がぐっと引き寄せられ、緊張してこり固まっている筋肉をほぐすことができます。

肩すくめストレッチ

①まっすぐに立ち、胸を張る

②そのまま両肩をすくめるように上げ、5秒キープ

③ゆっくりと肩を降ろす

④①~③の動きを繰り返す

こちらのストレッチは僧帽筋と言われる、首の後ろから肩、背中にかけて広がる大きな筋肉を収縮させ、血行促進を促します。

どちらも隙間時間にできるストレッチです。
朝晩やデスクワークの合間などに行い、習慣化すると良いでしょう。

入浴や姿勢の見直しもおすすめ

ストレッチ以外にも毎日の入浴や、猫背やストレートネックといった悪い姿勢の見直しもおすすめです。

湯船に肩までつかると、血行が促進され、肩こりの解消につながります。
湯船の中で肩甲骨をほぐすストレッチを行うのも良いですね。

また、猫背やストレートネックは首や肩に過度な負担がかかり、血液の流れが滞ることに。血行不良は肩こりの元です。
姿勢が悪いと感じている方は、定期的にマッサージに通うよりも、姿勢から見直した方が良いですよ。

整体で肩甲骨をほぐすのもおすすめ !

ストレッチをして日常生活の習慣を見直しても良くならない…。そんなときは、整体院に相談してみましょう。

肩甲骨周辺の筋肉の中でも深部にあり、マッサージではほぐせない筋肉である「肩甲挙筋」
や「菱形筋(りょうけいきん)」へアプローチすることも可能です。

NAORU整体院の場合は、初回にAI検査を行い、体の歪みを徹底的に調べます。

肩甲骨がきちんと正しい位置にあるかどうかも調べることができますよ。
実は、長時間のデスクワークやスマホの見過ぎで下を向いている時間が長い人は、肩甲骨が外側に開きがち。周辺の筋肉をほぐすとともに肩甲骨を元の位置に戻すと、良い姿勢につながります。

「整体は何だか痛そう…」と思われる方もご安心ください。当院の施術はボキボキ言わせない、優しい手技です。お一人おひとりに合わせたメニューで体を繊細に調整していきます。
ご自宅でできるセルフケアについてもお話しますので、ぜひ一度ご相談ください!

まとめ
つらい肩こりの原因の1つは、肩甲骨周辺の筋肉がこり固まることです。
まずは日常生活にストレッチを取り入れ、意識して肩甲骨を動かすようにしましょう。
それでも肩こりがひどい場合は、整体院に相談するのがおすすめ。

当院の場合はAI検査+優しい手技で、繊細に調整していきます。
肩甲骨を意識した生活で、一刻も早く肩こりに悩まない生活を手に入れましょう!

関内院 福本理人

NAORU整体 横浜関内院

【院長】福本理人
【資格】柔道整復師(国家資格)
    小顔ソムリエ
    頭蓋ソムリエ

関連記事