産後骨盤矯正

  • 出産後、お腹がぽっこりしたまま
  • 今まで着ていた服やジーンズが入らない
  • 太りやすく、痩せにくい
  • 腰が痛くて、抱っこもつらい
  • 疲れがぬけない

出産後、自分の身体の調子や体型が思うように戻らないと感じている方がどれほど多いでしょうか。体重や体型の変化に悩んだり、腰痛など身体の痛みや不調を抱えたまま、育児・家事はスタートします。

ここでは、産後の骨盤矯正の必要性、歪みを放っておくと招いてしまうトラブルなどについてお話しします。

産後のママの骨盤の状態って?

お腹のふくらみがあまり目立たない初期の妊娠時から、出産に向けて「リラキシン」というホルモンが分泌されます。骨盤を支えている靭帯や筋肉、関節が緩み、骨盤は大きく開いていきます。

出産が終わると骨盤は元の位置に戻ろうとしますが、その時に伸びきった靭帯や筋肉は緩んだまま、ゆっくりと戻っていきます。
ちょうど、伸びきったゴムが元に戻る際、緩んだまま戻るといった感じで、どうしても歪んだまま戻ってしまいます。

出産を終えたママは赤ちゃんのお世話や家事で毎日忙しく、寝不足も続きます。痛みや不調を感じていても、なかなか自分の身体の事まで気が回りません。

歪んだ状態の骨盤をそのままにしておくと、そのまま固定され、体重や体型が元に戻らない、腰痛がひどくなる、今まで無かった痛みや不調など様々なトラブルに繋がってしまいます。

産後に骨盤矯正を受けるメリット

世の中のママさんが、早く痛みや不調を何とかしたい!すぐにでも、ぽっこりしたお腹をへこませたい!というのは当たり前です。

産後は、骨盤の歪みを整えやすいタイミングです。
しかし、出産を終えたばかりの身体はデリケートな状態なので注意も必要です。

かかりつけのお医者さんに確認したり、体調など自分の身体のペースで、無理のない骨盤矯正をスタートしましょう。

健康面でのメリット

骨盤を支えている筋肉が緩むと、尿漏れや恥骨痛などのトラブルが起こります。
緩んだ筋肉や靭帯を適度に鍛え、しっかりと骨盤内の内臓を支えられる働きが出来るようになると、太りにくく、痩せやすい体質へと変化します。

また、骨盤が正しい位置に戻ると姿勢も良くなり、骨盤内の血液の流れも良くなります。
肩こりや腰痛、冷えやむくみなどが緩和・解消が期待できます。

美容面でのメリット

骨盤が傾いたり開いたままだと血行が悪くなり代謝も落ちます。
下半身太りやぽっこりしたお腹がなかなか解消されないのは、それが原因の1つでもあります。

骨盤を整えると、スタイルもきれいになり、気持ちまで明るくなります。