骨盤の正しい座り方・間違った座り方とは?

2022年04月28日

高橋航大

NAORU整体 仙台院

H27年:仙台接骨医療専門学校 卒業
H27年〜:仙台市内の整骨院グループに勤務
R3〜:株式会社NAORUテクノロジーに参画

正しい座り方ってご存じでしょうか?

「骨盤の歪み」「骨盤を立てる」という言葉もよく、メディアに登場するようになりましたね。最近では、在宅しながらお仕事をされる方も増えました。

あなたは1日どれぐらいの時間、座っていますか?日本ではだいたい、大人で約7時間も座っているそうです。一日のうち、1/3以上も座っていると考えると、座り方も気になります。

あなたはどんな座り方をしていますか

1.猫背になっている
2.足を組んで座っている
3.頬杖をつく
4.パソコンのモニターと顔が近い

5.椅子に浅く腰かけ、背もたれに寄りかかっている
6.重心が左右どちらかに偏っている

ここに挙げたものは、よくある悪い姿勢での座り方です。これらはすべて、骨盤を歪ませる原因ともなる座り方で、座るという動作は骨盤だけで全身を支えます。

なので、悪い座り方が積み重なると、骨盤が歪む、傾くといったことにつながります。

例えば…?骨盤の歪みを簡単にチェックする方法があります!

例えば、3番目4番目の姿勢は骨盤が前へ傾きやすく、腰が反っている状態です。
お尻が出っ張ったような姿勢や、お腹・お尻・太ももにお肉が付きやすくなります。

また、5番目の姿勢は反対に骨盤が後ろへ傾き、ポッコリしたお腹、猫背、胸やお尻が垂れ下がってしまいます。

他にも、骨盤の歪みを簡単にチェックする方法があります。

歪みのチェック方法 スペースに余裕がある場所で行いましょう!

①目を閉じる
②その場で足踏みを50回する
③最初に立っていた場所から、どの方向へ移動したか確認

スタートした場所から移動している場合は、骨盤が歪んでいるかもしれません

最初の立ち位置から、移動方向はどうなっていますか?

・右へ移動していた → 右側の骨盤が下がっている
・左へ移動していた → 左側の骨盤が下がっている
・前へ移動していた → 猫背になり、重心が前へいっている
・後ろへ移動していた → 猫背になり、重心が後ろへいっている

前後左右、方向に関係なく、スタートした場所から移動している場合も、骨盤の歪みが生じている場合があります。

座る時間が長い現代人は、正しい座り方を意識して、骨盤を矯正することを心がけましょう。

骨盤が整う正しい座り方

骨盤の矯正が期待できる座り方は、3つです。

1.骨盤の高さを左右揃える
2.骨盤を立てる
3.足を組まない

1.骨盤の高さを左右揃える

骨盤の本来あるべき位置は、水平であることです。頬杖ついたり、足を組むクセが日常的におこっていると、どうしても骨盤は歪みます。

椅子に座る際、肩と膝の位置がそれぞれ左右水平になるよう、意識して座って見てください。すると、自然に骨盤の高さが水平になります。日頃から、少し意識するだけでも違ってきます。

2.骨盤を立てる

骨盤を立てるとは、骨盤を真っすぐにすることです。
坐骨(座ってお尻の下に手を入れると、硬い骨に当たります。これが坐骨です。)を椅子の座面に均等に乗せます。

もう少し分かりやすいように言いますと、座った状態で身体を前後に揺らして見てください。座面にお尻の骨が当たりませんか?それが坐骨です。

その坐骨が当たった感覚を覚えて下さい。そして、坐骨に均等に体重を乗せ、おへその下あたりに力が加わるように、上半身のバランスをとります。

この姿勢が骨盤を立てた状態となります。こういう感じで、椅子に座るときも姿勢が崩れないよう、意識するのも大切です。

3.足を組まない

足を組んだ姿勢は、足で身体をロックした状態です。骨盤と密接な関係にある股関節が外へ向き、骨盤の歪みを助長します。

組んだ足は片方が宙に浮くので、上半身が不安定になります。
バランスをとろうと背中が丸くなり、猫背姿勢になります。
猫背はさらに、骨盤へ負担がかかります。

シーン別 正しい座り方

椅子に座る時

・まず背もたれの奥までお尻を入れる
・尾てい骨の上部分が背もたれに当たるように座る
・かかとは浮かさない
・足の裏は床にピタッとつくようにする

長時間座るデスクワークの方は、パソコンのモニターの高さにも注意が必要です。
モニターの位置が低いと、目線が下がり、覗き込むような姿勢になり、猫背になります。

モニターの高さも目線と同じか、あるいは、少し下ぐらいが良いでしょう。

床に座る時

・左右の坐骨に、体重が均等に載るように座る
・上半身が不安定になりやすいので、座椅子やクッションを使用して座る

床に座るとき、あぐらをかいたり、両足を伸ばして座る方もいますが、この座り方も骨盤を歪ませてしまう座り方ですので、長時間しないように気をつけましょう。

ソファーに座る時

・椅子と同じように、お尻を奥まで入れ深く座る
・坐骨を座面に当てるように座る

柔らかいソファは座り心地が良さそうに思えますが、身体が沈み込んでしまい、骨盤の歪みを招く恐れがあります。何故なら、骨盤が後ろへ倒れやすいからです。

座面が長いソファーも要注意です。
奥行きがあるソファーは、ついリラックスしてしまい、姿勢が崩れてしまいます。

ソファーの上で寝転んだり、背もたれを使わず座ると、骨盤にも影響が出ます。

車の座席に座る時

・いつも以上に深く座る
・坐骨をしっかり座面に当てる
・座りやすいようにシート調節
・上半身のバランス保持にクッションなど入れるのも良い

しっかり腰をかけることのポイントは、運転の際、身体が揺れやすいので、姿勢の崩れを最小限に防ぐことです。

骨盤に負担がかかる座り方が続くと、どうなるの?

骨盤が歪んだままの状態が長く続き、正しい位置に骨盤を矯正しないと、肩こりや腰痛など様々な問題がおこります。

疲労を感じやすい

お仕事などで日常的に長時間座りっぱなしの方は、座っている姿勢が崩れるので、土台である骨盤に大きな負担がかかります。

骨盤だけではなく、首・肩・背中・腰といった広範囲に負荷がかかり、首や肩のこり、腰痛を引き起こしやすいです。

姿勢が悪くなる

骨盤が歪みやすい姿勢で日常生活を送っていると、どんどん姿勢が悪くなり、楽な姿勢=姿勢の悪さが定着します。

骨盤を立てた姿勢はおのずと、上半身がきれいに伸び、バランスの良い姿勢が保持できます。
しかし、骨盤が傾いたりしていると、身体のバランスが崩れ、背中が丸くなったり、頭が前へ傾いた猫背姿勢になってしまいます。

お腹がぽっこり出てしまう

骨盤は大切な内臓を納めています。
骨盤が本来の位置からずれたりすると、内臓も下がり、働きも悪くなります。

血行不良や代謝の悪さにつながり、下腹がぽっこりと出てしまいます。

まとめ

・骨盤を立てた座り方は姿勢が良くなるだけではなく、内臓の働きにも良い影響がある。
・骨盤を矯正すると、肩こりや腰痛など痛みや不調が解消される。

座り方や骨盤の歪みが気になる方は、当院へご相談ください!
骨盤矯正を受けて、身体の土台から見直しましょう。

高橋航大

NAORU整体 仙台院

H27年:仙台接骨医療専門学校 卒業
H27年〜:仙台市内の整骨院グループに勤務
R3〜:株式会社NAORUテクノロジーに参画

関連記事