股関節マッサージを怠るとあんなことが…?人体最大の関節の役割

2022年07月27日

NAORU整体 飯田橋院

H25〜R3:有限会社トータルケアまえいけに入社。大阪心斎橋の院にて勤務し、オフィスワーカーを中心とした方の肩こり・腰痛の症状に対しての治療や姿勢改善に対しての施術をする。
院長としてスタッフ育成・院のマネジメントに携わる。
R3:株式会社NAORUテクノロジーに参画

「股関節って何するところ?」「股関節ってそもそもどこ?」

みなさんご存じ「股関節」。名前は聞いたことあるけど、働きは詳しく知らない、なんて人も多いのではないでしょうか?股関節はみなさんが思っている以上に人間にとって重要な部分なんです。

実は人体の中で最も大きな関節であり、その分たくさんの筋肉が付随しています。

立つ、座る、歩くなどの日常動作には股関節の働きは欠かせません。そのため日々の股関節マッサージは、怪我をしにくい体をつくったり、健康寿命延長につながったりと、いいことづくしなんです。今回は現役整体師として、みなさんに自宅でできる簡単な股関節マッサージを伝授します!

股関節の役割

股関節は骨盤の左右に位置し、上半身と下半身を繋いで人間の体重を支えています。膝関節なども支える役割こそ果たしていますが、股関節が支点となって最も力強く支えてくれている重要な部分です。

専門的な話をすると、股関節は寛骨大腿骨を繋ぎ、そこを支点に筋肉を働かせることによって二つの骨を動かしています。これが人間の屈伸・屈曲運動となるのです。

立つ・歩く・座るなどの動きを可能にしているのは寛骨臼大腿骨頭球体型に連結しているためです。球体の動きが支点となり、人間は自由な動きを可能にしているのです。

前述したとおり股関節は人体最大の関節であり、それに伴い多くの筋肉が引っ付いています。屈伸運動は人間の動きのベースであり、運動時のパフォーマンスは股関節の働きによるものと言っても過言ではありません。股関節に異常があれば最大限のパフォーマンスを発揮することはできなく、それほど重要な部分なんです。

股関節の痛みと原因

「立っているとき左右どちらかの足に重心が偏ったりしていませんか?」

「寝ているときに常にどちらか一方を向いていませんか?」

どちらも骨盤及び股関節に大きな負担をかけています!実は多くの人が無意識に行っているのです。筋肉は使い続けると硬くなります。いずれ筋肉は動くことを放棄し、無理に動かすと股関節に影響を及ぼします。

上記で説明した、寛骨臼大腿骨頭の間には薄い軟骨があります。軟骨が擦り減ることにより、骨同士がぶつかり合う→痛みとなるのです。放置しすぎると、「変形性股関節症」といった怖い症状に…。お尻、太もも、膝などの痛みは全て股関節の痛みが原因となっています。

変形性股関節について更に詳しいことはコチラ

変形性股関節症の原因と種類、対処法は? | NAORU(ナオル)整体院 (naorusalon.com)

また、骨の細胞が死んでしまい、免疫異常で起こるあの「関節リウマチ」になってしまったり…

お尻が痛い!で、股関節が原因とは気づかないことが多いのがこの症状の怖いところ。

気づかぬうちに痛みが発生してしまうのは、股関節は「最も意識しづらい関節」だからです。

股関節が人体の深部に位置し、大きな筋肉、分厚い組織に囲まれているからです。視覚・触覚的に認識が可能な膝や肘関節は、一般的に異常に気づきやすいため「意識しやすい関節」と言えるでしょう。

人体最大の関節であり、最も大きな力を発生させる関節であるのにもかかわらず、異常には気づきにくい。怖いですね…。だからこそ日々の股関節のケア・マッサージが必要不可欠になってくるのです。

マッサージ方法

自宅でできる簡単なストレッチをまとめました!器具も要らないので時間があれば試してみてください!今回は3つの姿勢で行う簡単な方法3選を紹介いたします!

自宅でできる股関節のマッサージ:①座ったまま

・あぐらの姿勢で、両足の裏を合わせます。

・両手で足を掴み、体の方へ引き寄せます。

・膝を可能な限り、地面へ近づけます。

・股関節が気持ちよくつるくらいの位置で、10秒間キープします。

☆股関節の可動域拡大、立つ・歩くといった動作がよりスムーズになることが見込めます

自宅でできる股関節のマッサージ:②仰向け

・仰向けで一直線になり、右膝を立てます。(この時は足裏は地面にくっついている)

・右足を左膝側面に置き、外側へゆっくりと倒していきます。

・一度体勢を伸ばしリラックスしたら、左膝を立て今度は内側へゆっくりと倒します。

・反対の足でも行います。両足とも5回ほど繰り返しましょう。

☆ほぐしのケアのため「ゆっくりと」を頭の中に!柔軟化、怪我の防止対策に。

自宅でできる股関節のマッサージ:③四つん這い

・四つん這いの姿勢になり、右膝を浮かせます。

・右膝を、胸(膝蹴りするように)、側面(水泳のカエル足のように)、後ろ方向(シャチホコの尻尾のイメージ)の順に、半円を描くように動かします。

・反対の足でも行います。両足とも3分ほど続けましょう。

☆しっかり腕を立てて腰を水平に保つこと!股関節を動かし、鼠径部のリンパを活性化させることにより下半身の動きがしなやかになります!

まとめ

今回は股関節の存在の重要性、また手軽にできる股関節のマッサージの方法を紹介しました。

股関節は人間の運動パフォーマンスに大きく関係しています。たくさんの筋肉を動かす股関節に異常がある場合、最大のパフォーマンスを発揮することは不可能でしょう。

再度言いますが、股関節は「意識しづらい関節」です。最も重要な関節とも言うことができる股関節にもかかわらずです。痛みにまでは達してなくとも、股関節の危険信号を感じ取ることは困難です。

だからこそ、日常からの股関節のマッサージが大切なんです!念には念を。自宅で簡単にできることなので行って損はないです。むしろ大きすぎるほどの恩恵が待っています。

日常動作を司る股関節のマッサージは、健康に生きる上で非常に重要です!股関節に異常がきたす前に、前々から自分で意識を持って取り組むことをおすすめします!ただ、専門知識を有する整体院に足を運ぶことが一番!発症してからでは変形性股関節症は残念ながら完全には治りません。なにか異常を感じたり、不安なことがあったら是非NAORU整体でお聞きかせください!最先端のAIを用いた姿勢診断や、根本からの施術により患者様のお悩みを解決させていただきます!

以上、今回は股関節とマッサージについて解説しました。股関節をケアして快適な生活を送りましょう!

NAORU整体 飯田橋院

H25〜R3:有限会社トータルケアまえいけに入社。大阪心斎橋の院にて勤務し、オフィスワーカーを中心とした方の肩こり・腰痛の症状に対しての治療や姿勢改善に対しての施術をする。
院長としてスタッフ育成・院のマネジメントに携わる。
R3:株式会社NAORUテクノロジーに参画

関連記事